BathyScaphe

BathyScapheWiki

サウンドエフェクトをカスタマイズする方法

お気に入りの更新チェックや書き込みが完了したときに鳴るサウンドエフェクトは、初期状態ではシステムに警告音としてインストールされているものの中から*1選択できますが、それでは物足りないと感じたら、自分の好みのサウンドファイルを用意してそれをサウンドエフェクトとして使用することができます。

サウンドファイルのインストール場所

以下のどちらかに用意したサウンドファイルを置きます。

  • ~/Library/Sounds/
  • /Library/Sounds/

その後、BathyScaphe を再起動します。
環境設定の「サウンド」タブを開き、ポップアップメニューにインストールしたサウンドファイルの名前が出ていれば成功です。

サウンドファイルの満たすべき仕様

下の仕様は昔の Mac OS X での話だったのですが、最近の Mac OS X ではもっと幅広いオーディオファイル(mp3 とか aac とか…)を再生できる可能性が高い。とりあえず他の形式でも試してみる価値はあります。
  • AIFF、WAV、もしくは NeXT “.snd” 形式のファイル(System 7 sound じゃないよ)。
    AIFF 形式の場合、拡張子 “.aif” ではダメで、“.aiff” にすること。これは OS 側の制限。
  • 16-bit、モノラルまたはステレオ、44.1kHz または 22.05kHz のもの。

  • *1 これらは /System/Library/Sounds/ にインストールされています。

カテゴリ: カスタマイズ

Last Modified: