BathyScaphe

BathyScapheWiki

バグ登録の方法

BathyScapheプロジェクトは、バグをBitBucketの課題トラッカー (Issues)で管理しています。
BathyScapheが使用中に突然止まったりBathyScapheのバグを発見したことを報告する時、ユーザが直接課題を登録することもできます。

このページではバグレポート・クラッシュレポートの書き方や登録の方法を説明します。

目次

レポートの書き方

ソフトウェアの不具合レポートにはコツがあります。

以下のような点に注意してレポートを書いてください。レポートを元に開発している人が自分の環境でバグを発見できると、原因の特定がしやすくなり修正も速くなります。みなさまのご協力をお願いします。

クラッシュログを提出する場合

アプリケーションがクラッシュすると、OS Xはその時の状況を記したクラッシュログを生成します。BathyScapheがクラッシュしたことを報告する場合はそのクラッシュログを提出して下さい。

  • BathyScaphe がクラッシュし、クラッシュログがウインドウに表示されたら、クラッシュログの全文を適当なテキストエディタにコピー&ペーストし、静かにウインドウを閉じます。
  • また、以下の場所に過去のクラッシュログが蓄積されています。
    ~/Library/Logs/DiagnosticReports/BathyScaphe_YYYY-MM-DD-hhmmdd_ComputerName.crash.log
    • 上記ファイル名は一例です。「YYYY-MM-DD-hhmmdd」の部分はクラッシュの発生した日時が、「ComputerName」の部分はお使いのコンピュータの名前が入ります。また、拡張子は「.crash」で終わっている場合もあります。

クラッシュログが準備できたら、「何をしていたら」「どんな操作をしたら」「どの瞬間に」クラッシュしたのか、詳しい説明を冒頭に記載してください。

注意:クラッシュログには、ユーザ名が含まれていることがあります(例:/Users/YAMADA/Library/〜)。公開したくない場合には、全文をペーストしたテキストエディタなどでユーザ名の部分を適当な文字列("***" 等)に置換してください。

バグを報告する場合

  • 最初に、OS X、BathyScapheのバージョン(ビルド番号も含む)を必ず明記します。
  • バグを開発者の手元で再現させられるように、操作手順を詳しく書きます。特定の掲示板やスレッドでのみ発生するバグの場合は、それらのURLも書き添えます。
  • スクリーンショットを撮って添付するのも、状況を正確に伝えるいい方法です。

登録するクラッシュ・バグがバチスカスレでも話題に上っているときは、そのスレ・レス番号も同時に記載しておいてください。

チケットを作成

レポートが書けたら、それをBathyScapheの課題トラッカーに登録しましょう。

ステップ0:BitBucketにログイン

BitBucketのアカウントを持っている場合はログインしてください。(アカウントがない場合は飛ばしてかまいません)

ステップ1:課題一覧ページにアクセス

BitBucketの 課題一覧ページ にアクセスします。

issue_tracker_note@2x.png

ステップ2:課題を作成(図1)

  1. 「課題を作成 (Create issue)」を見つけて、クリックします。


issue_note@2x.pngステップ3:不具合内容を記入(図2)

  1. 適切なタイトル (Title) をつけます。多少長くなっても、一目見て内容が分かるようなものにしてください(例: サービスメニューから選択時にクラッシュ)。
  2. メインの「説明 (Description)」欄にレポートをペーストします。
  3. 「種類 (Kind)」は「Bug」を選びます。
  4. 不具合の起こったBathyScapheのバージョンを選びます。
  5. 「課題を作成 (Create issue)」をクリックします。

これで完了です。

「担当者(Assignee)」や「Priority」などは特に設定する必要はありません。開発チームがこの課題を見つけたときに適切に振り分けます。

ステップ4:(後日)チケットをチェック

内容によっては、課題ページで開発チームがチケット登録者に質問や追操作をお願いすることがあります。また、問題が解決した場合はステータス(後述)が更新されます。登録した課題に更新がないかチェックするといいでしょう。

課題のモニタリング

ログインして課題を作成した場合は、課題に反応があれば、Bitbucketアカウントで設定したメールアドレスに、連絡メールが届きます。
ログインせずに課題を作成した場合は連絡が届きませんので、定期的に課題ページを覗きに来てください。

課題アイテムのステータス

各課題アイテムには、ステータス(状態)属性が付加されます。

  • 登録した直後は、New になっています。
  • 開発者はそのバグが解決したと判断すると、その課題を Closed にします。
  • 誤って登録されたものなどは 無効 (Invalid) に分類されます。

カテゴリ: 要望・バグ

Last Modified: