BathyScaphe

BathyScapheWiki

CVS

お知らせ:BathyScaphe プロジェクトは、CVS から Subversion に移行したので、現在このページの内容は無効です。かわりに Subversion ページを参照してください。

CVS を使って BathyScaphe のソースコードをダウンロードする操作の手順、注意点をまとめました。

目次

チェックアウト

最初にソースコード一式をダウンロードすることを、チェックアウトといいます。

ターミナル (/アプリケーション/ユーティリティ/ターミナル) を起動して、次のように入力します。

cd ~/Desktop
cvs -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.jp:/cvsroot/bathyscaphe login

ここで、CVS password: と聞かれますので、何も入力せず <return> を押してください。

cvs -z3 -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.jp:/cvsroot/bathyscaphe co -P bathyscaphe

すると、デスクトップに bathyscaphe フォルダができ、ソースコード一式がその中にダウンロードされます。これを作業コピーといいます。
一度チェックアウトしたあとは、好きな場所に作業コピーを移動して構いません。

アップデート

手元にある作業コピーの内容と SourceForge.jp に置いてあるリポジトリの内容を比較して、更新・追加されたファイルがあれば差分をダウンロードして手元のソースにマージします。

この操作で、作業コピーの内容を最新の状態にすることができます(もちろんチェックアウトした直後はこの操作は必要ありません)。

cd (作業コピーのパス)
cvs update -dP

update の -d オプションは作業コピー中には存在しないディレクトリを作成して中身を取得するもので、-P オプションは空のディレクトリを削除するものです。これらを付けることをお忘れなく。

一度チェックアウトした作業コピーにはリポジトリの場所が記録されていますので、チェックアウトの時に必要だった cvs -d:pserver:(ry といった長ったらしいオプションは必要ありません。

処理結果を表すコード文字

update などの処理中、ログの各ファイルの前に付くコード文字の説明です。

文字処理結果
Uファイルが更新されて最新の状態になった。
PU と同じだが、パッチが送られてきて最新の状態になった。
Mファイルがローカルで変更されている。
Cローカルで変更された部分とリポジトリで変更された部分がコンフリクトを起こした。
?リポジトリで管理していないファイルである。

Download tarball の不具合

SourceForge.jp の CVSツリーの参照ではリポジトリを Webブラウザで閲覧でき、tarball をダウンロードすると CVS を使うより簡単にソースコードを取得できますが、不具合のため一部のファイルを正常に取得できないことが分かっています。

ちょっと便利に -- .cvsrc

.cvsrc ファイルをホームに用意すれば一連の操作のタイピングが軽減されます。例えば、update のときは常にオプション -dP を付けたい場合には、 .cvsrc に

update -dP

と書き込めばOK。グローバルオプション -q を付けたいのなら

cvs -q

と書き込めばOKです。こうしておけば、

cvs -z3 up

とするだけで、cvsが

cvs -q -z3 update -dP

と解釈して実行してくれます。

参考文書

カテゴリ: Development

Last Modified: