BathyScaphe

BathyScapheWiki

Xcode Tools のインストール

Xcode Tools をインストールする方法を詳しく説明します。

このページの内容は古くなっています。Xcode 4 以降は、インストール・入手方法が大きく異なります。

目次

Xcode Tools

Xcode Tools とはXcode_Icon.png

Mac OS X に付属する開発環境です。Xcode や Interface Builder といった開発ツール、Property List Editor や Icon Composer などの有用なユーティリティ、コンパイラである GCC などが含まれます。

入手先

  • Apple Developer Connection (ADC)
    ADC のオンライン会員になれば、Xcode Tools やその他の開発関連ツールを無料でダウンロードすることができます。登録は多少面倒ですが、最新版を確実に手に入れることができます。
  • OS X のインストーラ CD / DVD、もしくは付属の Xcode Tools インストーラ CD
  • アプリケーションフォルダの中の「Installer」フォルダ
    プリインストール版の OS X をそのままお使いの場合は、削除していなければここに入っているかもしれません。*1

バージョンの確認

インストーラが見つかったら、まずバージョンを確認してください。OS に付属のインストーラには古いバージョンのものが入っていることがあります。バージョンは「About Xcode Tools.pdf」などの付属文書に記載されています。

最新バージョン

  • Mac OS X 10.6 (Snow Leopard) では、3.2
  • Mac OS X 10.5 (Leopard) では、3.1.3
  • Mac OS X 10.4 (Tiger) では、2.5 が現在の最新バージョンです (2009-08-27)。

特に Tiger をお使いの場合、必ず 2.1 以降をインストールするようにしてください。BathyScaphe の現行のプロジェクトファイルは 2.1 以降用のフォーマットのもの (.xcodeproj) が使われていますので、2.0 以前の Xcode では開くことができません。

インストール

  • 「XcodeTools.mpkg」(バージョンによっては「Developer.mpkg」)をダブルクリックして、インストーラを起動します。インストールに必要な容量は、約2GBです。
  • ドキュメントを読まない自信がある方は、「Developer Documentation」は外してもいいかもしれません。これで900MBほど容量の節約になります。
    • Xcode 3.0 以降ではカスタムインストールの項目名が上記と異なりますが、インストーラのウインドウに表示される説明を読めば、どれが Developer Documentation のパッケージかは大体わかるでしょう。

アンインストール

アンインストール用のスクリプトがありますのでそれを使用します。

ターミナルを開いて次のように入力し、return キーを押します。

  • Xcode 2.5 以上の場合(<Xcode directory> は Xcode Tools をインストールしたディレクトリを指します)
sudo <Xcode directory>/Library/uninstall-devtools
  • Xcode 2.4.1 以下の場合
sudo perl /Developer/Tools/uninstall-devtools.pl

パスワードを聞かれますので、入力して return キーを押します。

Property List Editor だけを取り出してみる

注意:以下の手順は、Apple が推奨するものではありません。検証をしたところおそらく問題はないだろうと思われますが、あなたのシステムに悪影響を及ぼすおそれが全くないことを保証するわけではありません。自己責任で。

Pacifist

Pacifist_Icon.png

Pacifist は .pkg や .mpkg といったインストーラパッケージの中身を探索し、必要なファイルだけを取り出しインストールすることができるアプリケーションで、$20 のシェアウエアです。こちらから入手できます。

CharlesSoft
http://www.charlessoft.com/

これを使って、「XcodeTools.mpkg」の中身を覗いてみます。

取り出す・ステップ1

  1. 「XcodeTools.mpkg」 を Pacifist で開きます。
  2. .mpkg の中にたくさんの .pkg が含まれていることが分かると思います。その中から「DeveloperTools.pkg」を開きます。
  3. Property List Editor が本来インストールされるべきパスは、次の場所です。これを見つけてください。
/Developer/Applications/Utilities/Property List Editor.app

Pacifist_ListView.png

取り出す・ステップ2

  1. リストから「Property List Editor.app」を選択し、「ファイル」>「任意の場所にファイルを取り出す...」と選びます。
  2. ファイルを展開する場所を聞かれますので、アプリケーションフォルダなど適切な場所を選択します。
  3. 管理者のパスワードを入力します。
  4. 展開が終了したら、とれたての Property List Editor を起動してみます。無事に起動すれば成功です(日本語リソースは元々含まれていません、メニューは英語です)。

以上の情報は、Xcode Tools のインストールは容量も食うし面倒だけど、Property List Editor だけ欲しい……という方向けに書かれたもので、本来はイレギュラーな方法であることにご注意ください。

カテゴリ: Developmentカテゴリ: カスタマイズ


  • *1 OS X をアップグレードインストールした場合に、インストーラが起動しないことがあるという報告がありました。

Last Modified: