BathyScaphe

BathyScapheWiki

til207

BathyScaphe 1.3.1 ReinforceII:変更点のリスト

この記事では、BathyScaphe 1.3.1 の新機能と変更点のリストを提供します。

新機能

  • スレッド内容表示領域のコンテクストメニューに「Wikipedia で表示」が追加されました。
    • 上級者は、KeyValueTemplates.plist の "Thread - WikipediaQuery" キーを編集して、カスタマイズすることもできます。
  • スレッド一覧からスレッド内容表示領域(別ウインドウも含む)にスレッドをドラッグ&ドロップして、そのスレッドを表示できるようになりました。
    • 背面のウインドウにドラッグ&ドロップする場合、すぐにドロップすると背面のまま、約一秒待ってからドロップするとウインドウが手前に移動します。
  • 「表示」>「文字の拡大」および「文字の縮小」を追加。スレッドの内容表示領域で使用できます。
    • ツールバーにもこのボタンを追加できます。
  • プレビューインスペクタ 2.5.2 が付属しています。以下の変更点を含みます:
    • あるリンクをダウンロード中に他のリンクをプレビューしようとしても、以前のダウンロードが中断されなくなりました。バックグラウンドでダウンロードが続きます(リスト・ビューに切り替えると、わかります)。
    • リスト・ビューで複数の項目を選択し、各種操作を行うことができるようになりました。
    • 「プレビューできない URL に転送された場合:」オプションが廃止され、常にプレビューを中止するようになりました。
    • アクションボタンのメニューに「履歴を消去」が追加されました。
    • 「ダウンロードに失敗したイメージを自動的に履歴から消去する」環境設定が追加されました。デフォルトではオンになっています。オフにすると、ダウンロードに失敗したイメージも履歴に残ります(履歴から、URL や失敗の簡単な理由を参照することができるメリットがあります)。

仕様変更・廃止

  • お気に入りの更新チェックについて、一度に 30 スレッドまでという制限は廃止されました。
  • スレッド一覧の日付表記方法を見直し、システム環境設定の「言語環境」で設定された内容に従うようになりました(「短い表記」が使用されます)。
  • livedoorしたらばでは、rawmode.cgi を使用してデータを取得するようになりました。
  • 掲示板リストの幅をドラッグしてリサイズする際のマウスカーソルが、手のひら型から ←||→ 型になりました。
  • 「環境設定」>「詳細」からプロキシの「設定を変更...」ボタンを取り除きました。

バグの修正

  • 掲示板リストからカテゴリをデスクトップに(間違って)ドラッグすると、内容が空のテキストクリッピングが作成される問題を直しました。
  • スレッド一覧からドラッグ&ドロップした際、条件によっては URL データがペーストボードに適切に入らないことがあった問題を直しました。
  • ブラウザウインドウのスプリッターの中央の丸いくぼみが、歪んで描画されることがあった問題を直しました。
  • 「掲示板オプション」インスペクタの表示上の細かい問題をいくつか直しました。
  • 特定のレス番号までスクロールした際、条件によってはテキスト・ビューの下部に不要な余白ができてしまう問題を直しました。
    • これが気に入らない場合には、以前の動作(たとえ不自然な余白が出来ても、強制的に指定のレス番をテキスト・ビューの上端に合うようにスクロールさせる)に戻すこともできます。BathyScaphe を終了した状態で以下のコマンドを「ターミナル」から実行してください(詳しくは Hidden Options ページも参照):

defaults write jp.tsawada2.BathyScaphe OldScrollingBehavior -bool YES

改良・強化

  • スレッド一覧からのドラッグ&ドロップ
    • 文字列として書き込まれるペーストボードの内容は、KeyValueTemplates.plist の "Thread - CopyThreadFormat" キーの内容に従うようになりました(「スレッド」>「情報をコピー」に動作を揃えた)。
    • URL として書き込まれるペーストボードの内容は、「詳細」環境設定の「“Web ブラウザで開く”ときのレス数」設定を反映するようになりました(「スレッド」>「Web ブラウザで開く」に動作を揃えた)。
    • ログファイルのあるスレッドを一つドラッグする場合と、ログファイルのないスレッドを一つドラッグする場合で、異なるドラッグ・イメージを表示するようにしました(“お気に入り” は除きます)。
      • ログファイル有り:小さなログファィルのアイコンに、スレッドタイトルのテキスト
      • ログファイル無し:半透明の角丸長方形上に、スレッドタイトルと URL をフル記載
    • 「お気に入り」からスレッドをドラッグ&ドロップした場合でも、URL データや文字列データを含めるようになりました。
  • 掲示板オプション、迷惑レスフィルタ
    • 「掲示板オプション」インスペクタに、「SETTING.TXT を解析」ボタンを追加しました。このボタンをクリックすることで、いつでも SETTING.TXT を解析して、自動的に以下の属性をセットできます。
      • 「名無しさんの名前」リスト(すでにリストにある名前を削除することはありません)
      • 「Be ログインする」チェックボックス(ログインが必須かどうか)
      • 名前欄の入力が必須かどうか(必須の場合は、「名無しさんの名前」リストが隠れます)
    • 速報headline 掲示板では、板の名無しさんの自動解析を試みないようにしました(この掲示板には SETTING.TXT が存在しないため)。
    • ある掲示板のスレッドをはじめて表示した際、バックグラウンドで掲示板の名無しさんや Be ログインの設定を自動取得していますが(1.3 以降)、1.3.1 では新たに「名前欄の入力が必須かどうか」も調べるようになりました。
      • 後からこの情報を取得するには、もう一度手動で、つまり上記「SETTING.TXT を解析」ボタンをクリックする必要があります。
    • 名前欄の入力が必須の掲示板であることを正しく設定しておけば、迷惑レスフィルタが誤動作しないようになりました(上記「SETTING.TXT を解析」ボタンをクリックして、設定してください)。

関連記事


Article ID: 207
カテゴリ: Tech Info Library

Last Modified: