BathyScaphe

BathyScapheWiki

til209

BathyScaphe 1.6 Twincam Angel:変更点のリスト

この記事では、BathyScaphe 1.6 の新機能と変更点のリストを提供します。

新機能

  • ●による dat 落ちしたスレッドの取得をサポート。
  • リンク先のファイルをダウンロード
    • すべての外部リンクに対して、コンテキストメニューに「リンク先のファイルをダウンロード」を追加。
    • リンクの拡張子によって、クリックするだけでダウンロードを行うように設定可能。また、ダウンロードしたファイルを自動的に開くかどうかの設定も可能。
      この設定は、「環境設定」>「リンク」で行います。
    • ダウンロードしたファイルの保存先は、「環境設定」>「リンク」で設定します。
  • 選択範囲のリンクをまとめて開く(または、プレビューする)機能をサポート。
    まとめてプレビューするには、対応したプレビュープラグインが必要です。
  • 書き込みウインドウに、テンプレート(定型文)の挿入機能を追加。
    ツールバーに「テンプレートを挿入」ボタンを追加することで利用できます。
    • 不具合報告を簡単にできるように、「不具合の報告」テンプレートが用意されています。
  • スレッド一覧で、「dat 落ち」の印がついているスレッドを別のフォント・カラーで表示できるようになりました。
  • dat 落ちしたスレッドのログファイルを一度にゴミ箱に入れる機能を追加した:「掲示板」>「dat 落ちしたスレッドのログを削除...」
  • 「ファイル」>「Finder に表示」を追加。ログファイルや下書きファイルを Finder に表示します:command-option-R
  • スレッドタイトルバーを command-クリック、または control-クリック(いわゆる右クリック)で、パスポップアップメニューを表示するようにした。
  • 「編集」>「検索」>「選択部分を抽出に使用」(command-option-E) を追加。

機能強化

  • 迷惑レスフィルタの強化
    • 正規表現の使用
      「本文の語句をチェックする」オプション(いわゆる「NG ワード」)を利用する場合、禁止語句を正規表現で記述できます。正規表現はOgreKit - 鬼車の Ruby syntax で記述します。
    • 適用範囲の設定
      禁止語句は、これまで名前・メール・本文のすべてを対象にチェックされてきましたが、これを任意に選択できるようにしました。
    • インタフェースの改良
      選択したテキストに対して、コンテクストメニューから直接「禁止語句に追加」できるようにしました。
    • その他、迷惑レスフィルタの動作を全体的に細かく改良しました。
  • スレッドのコンテクストメニュー/レス番クリックのメニューの構成・内容の見直しと強化
  • 環境設定の改良
    • 「一般」「詳細」各ペインの一部項目を分離独立させて「リンク」ペインを新たに追加。「リンク」環境設定では、使用中のプレビュープラグインの情報を確認できるようになった他、プラグイン固有の環境設定を直接開けるようになった。
      プラグイン固有の環境設定を直接開くには、対応したプレビュープラグインが必要です。
    • KeyValueTemplates.plist にあった「browser - delayForAutoReloadAtWaking」の設定を、「詳細」環境設定に移動した。また、「スリープ解除時に自動的に一覧を更新」設定を「一般」から「詳細」に移動した。
      KeyValueTemplates.plist でこの値をカスタマイズしていた場合、その設定値が自動的に読み取られて、「詳細」環境設定に反映されます。ただし、その後環境設定からこの設定値を変更すると、jp.tsawada2.BathyScaphe.plist(初期設定ファイル)の方に変更後の値が記録され、以後は jp.tsawada2.BathyScaphe.plist の設定値が読み出されるようになります。
    • 「アカウント」環境設定の、●アカウントの設定項目が簡素化された。
      パスワードは実際にログインするときに入力します(その場で、キーチェーンに保存できます)。
  • ポップアップ・ロック機能の強化
    • ロックしたポップアップにはタイトルバーが付き、これをドラッグしてポップアップを移動可能になった。
    • ロックしたポップアップを閉じる方法に、「Esc キーの押下」「タイトルバーのクローズボタンをクリック」を追加。
    • ロック/ロック解除時にサウンドエフェクトを追加。
  • AppleScript サポートの強化
    • browser クラスや reply document クラスに selected text プロパティを追加した(選択されているテキストを取得する)。
    • remove from database 命令を追加した。
    • スクリプトメニューに「用語説明を開く」を追加した。

仕様変更

  • 3ペイン時のブラウザの配置(縦置き/横置き)は、「表示」メニューからではなく、「環境設定」>「一般」で行うようになった。
  • レス数が1001未満のスレッドでも、HTTP ステータス 302 が返ってきた場合は自動的に「dat 落ち」印を付けるようにした。
  • スレッドタイトルバーの描画方法の変更、およびデフォルトの外観の変更。
  • Mac OS X 10.5 Leopard に合わせて、掲示板リストのデフォルトの配色や行の高さ、フォルダアイコンを変更。
  • ツールバーが「テキストのみ」表示になっている場合などの、「一覧の検索」の挙動を変更。
  • 「ログ管理に使用するアプリケーション」の設定項目、およびツールバー項目、メニュー項目を廃止した。
  • 「表示」>「一覧に表示するスレッド」サブメニューを廃止した。
  • 以前のバージョンで BSSpamFilter.plist に記録されていた迷惑レスフィルタの内容のうち、禁止語句のデータが、新しく NGExpressions.plist というファイルに記録されるように変更されました。しかし、BSSpamFilter.plist にも引き続き迷惑レスフィルタの学習内容が記録されますので、BSSpamFIlter.plist を削除しないでください。

小さな改良

  • メニューバー/コンテクストメニューの一部項目の表記を修正
    • Google 検索→Google で検索
    • Wikipediaで表示→Wikipedia で表示
    • 選択部分を検索→選択部分を検索に使用
    • レスのアクション→レスの属性
  • 「表示」メニューに「ブラウザを垂直(水平)方向に分割/分割表示を閉じる」を追加。2ペインと3ペインを切り替える。
  • スレッド一覧のカラムヘッダ上でコンテクストメニューが利用可能になった。機能は、「表示」>「欄」サブメニューと同等。
  • 「スレッド」>「レスのフィルタ」サブメニューに「AA フォントの自動適用を実行」を追加。
    これは AAD (Ascii Art Detector) を手動で実行するためのコマンドです。
  • 「スレッド」>「情報をコピー」にショートカットキーを割り当て:command-shift-C
  • 2ちゃんねるに書き込む際、一部の機種依存文字を書き込むと「BathyScaphe では表示できるが、Safari や Thousand など他のブラウザで見ると表示されない」という現象が起きないよう、書き込み時のエンコーディング方法を変更。
  • スレッド一覧をダウンロードする際の進行状況表示を改善。
  • スレッド一覧のダウンロード時のエラーメッセージをわかりやすくした。
  • インターネットに接続していない状態で BathyScaphe を起動し、自動的にアップデートを確認する設定になっている場合、「アップデートを確認できませんでした」というアラートを表示しないようにした。
  • 迷惑レスフィルタの内容を定期的にディスクに書き込むように改良。
  • 内蔵の SQLite が 3.4.1 にアップデート。
  • 内蔵の SJIS2UTF8 ツールが Universal Binary になった。
  • KeyValueTemplates.plist の "Browser - ListViewAction" および "Browser - ListViewDoubleAction" で利用できるアクションに "selectThreadOnly:" を追加した。
    これはスレッドを選択した時に何もしない、というアクションで、「ダブルクリックしたときのみスレを開きたい」などの要望に応えます。

不具合の修正

  • [Compatibility] Mac OS X 10.5 Leopard で起動しない、書き込みが文字化けする、アンカーがリンクにならないなどの多くの問題を解決し、Leopard に対応。
  • [Long Issue] ときどきポップアップが表示されなくなったり、ずれた位置でポップアップする問題を修正。
  • [Long Issue] 土吉の数値文字参照がタミル文字になる現象に対応(CocoMonar から取り込み)。
  • [Long Issue] スレッドに貼られたリンクから別のスレッドを初めて開いたとき、そのスレッドが「履歴」メニューに追加されない問題を解決。
  • [Long Issue] [Tiger, Leopard] フルキーボードアクセスで「環境設定」パネルを操作する際のいくつかの問題を解決。
  • [1.3] スレッドの内容表示領域にスレッドをドラッグ&ドロップした時の強調表示色が間違っていた問題を修正。
  • [1.5] dat 番号が正しく読み取れないログファイルを開こうとしたときの挙動を修正。
  • [1.5] 「bathyscaphe」URL スキームの OS への登録が行われなくなっていた問題を修正。
  • [1.5] intel Mac で掲示板リストの Type-To-Select が正しく動作しなかった問題を修正。
  • [1.5] 「掲示板リスト分のスペース」ツールバー項目を配置していると、ツールバーで「小さいサイズを使用」してもツールバーの高さが十分に小さくならなかった問題を修正。
  • [1.5] スレッド一覧からスレッドをゴミ箱にドラッグ&ドロップしても削除されなくなっていた問題を修正。
  • [1.5] スレッド一覧のダウンロード中に「中止」したときに、スレッド一覧が真っ白になってしまう問題を修正。
  • [1.5] サーバ移転の自動検知機能が誤動作することがあった問題を修正。
  • [1.5] ネットワーク上に ~/Library/Application Support/BathyScaphe フォルダの実体を置いていると、BathyScaphe が正しく動作できない問題に一部対処。
    Mac OS X 10.4.x で AFP、すなわちパーソナルファイル共有を使って BathyScaphe フォルダを共有する場合については、問題が解決し、正常に動作するようになったとの報告がありました。しかし、Mac OS X 10.5 では正しく動作できないようです。また、OS X のバージョンに関わらず、WebDAV、すなわち iDisk などを使って共有することはできません。
  • [1.5] 掲示板リストの同期を実行しても、ユーザ定義リストの URL が適切に書き変わらないことがある問題を修正。
  • [1.5] 同名のスレッドの一つが「お気に入り」に登録されていると、他の同名スレッドも「お気に入り」に表示される問題を修正。

プレビューインスペクタ

  • [New] イメージの再読み込みができるようになった。
  • [New] フルスクリーン表示時のスクロールホイールの感度を調整できるようにした。
  • [New] [Leopard] システム標準のスライドショー機能を、フルスクリーン表示の替わりに利用できるようになった。
  • [Change] 「中止/保存」で一つのツールバーボタンだったのを、「中止/再読み込み」ボタンと「保存」ボタンに分割。
    参考:「保存」ボタンが必要な場合は、各自でツールバーをカスタマイズして追加する必要があるでしょう。
  • [Change] 「イメージを別名で保存...」メニューは、option キーを押しているときのみ表示されるようになった。
  • [Change] イメージダウンロード中に表示される進行状況メッセージをより詳しくした。
  • [Change] [Leopard] Mac OS X 10.5 Leopard では、「イメージの保存先」のデフォルトのフォルダを「ダウンロード」フォルダにした。
  • [Change] 環境設定のインタフェースを改良した。
  • [Fix] リスト・ビューで、選択項目が変化したときに、選択項目が見える位置に自動的にスクロールされなくなっていた問題を修正。

Article ID: 209
カテゴリ: Tech Info Library

Last Modified: