BathyScaphe

BathyScapheWiki

til210

BathyScaphe 1.6.1 SilverGull:変更点のリスト

この記事では、BathyScaphe 1.6.1 の新機能と変更点のリストを提供します。

新機能

  • [Tiger, Leopard] ローカルルールの表示
    スレ立て機能の実装に伴い、ユーザが掲示板のローカルルールを確認すべき機会がますます増大します。BathyScaphe 側でも対応を強化する必要があると考え、掲示板のローカルルールを(Web ブラウザを使わずに)表示する機能を追加しました。
    • 「掲示板」>「ローカルルールを表示」と選択します。
    • 「ローカルルールを表示」は Mac OS X v10.3.9 ではご利用いただけません。
  • 新規スレッド作成(スレ立て)ができるようになりました。
    • スレッドを立てたい掲示板のスレッド一覧を表示しているときに、「ファイル」>「新規スレッド...」と選択します。
    • 新規スレッド作成ウインドウの操作は、ほぼ書き込みウインドウと同様です。ただし、「下書きとして保存」はできません。
    • スレッドが無事立った場合、BathyScaphe は約1秒後に自動的にスレッド一覧を更新し、立てたスレッドを見つけようとします。見つかれば自動的に開きます(見つからなかったり、間違ったスレッドが開かれる可能性もあります)。
  • AA を迷惑レスとして処理するオプションを追加しました。
    「フィルタ」環境設定に「AA を迷惑レスとして扱う」チェックボックスが追加されています。
  • [Leopard] 先頭のレスをクイックルック
    スレッド一覧でスレッドを選択し、スペースバーを叩きます。すると、黒い半透明のパネルにスレッドの >>1 の本文が表示されます。再びスペースバーを叩くと、黒い半透明のパネルは閉じます。
    • 「クイックルック」は Mac OS X v10.4.x および Mac OS X v10.3.9 ではご利用いただけません。
    • 「クイックルック」は Leopard の Quick Look フレームワークとは関係ありません。
  • レスの属性指定(via コンテクストメニュー or レス番クリックのメニュー)の「取り消し」をサポートしました。
  • ユーザ定義テンプレートの挿入(i.e. 短文登録、あるいは AA登録、定型文とも呼ばれるモノ)をサポートしました。
    • ユーザ定義テンプレートの作成:「書き込み」環境設定にあります。
    • テンプレートの挿入方法の拡充:キーワードを入力して、F5, option-esc, esc のいずれかのキーを叩きます。
    • 詳しくは テンプレート ページで。
  • 「詳細」環境設定の「コンピュータのスリープを解除したときに自動的に更新させたいもの:」で、「開いているスレッド」チェックボックスが追加されました(デフォルトでは切)。

機能強化

  • 書き込みウインドウ
    • 書き込みウインドウのインタフェース見直し。とくに tab/shift-tab のフォーカス移動は、(フルキーボードアクセスが入のときは)sage ボタンとメール欄消去ボタンも巡回するようにした。
    • 書き込みウインドウ:本文が空のときは「送信」できないようにしました。
    • 書き込みウインドウ:「レス引用…」して開いた書き込みウインドウは、未保存状態で開きます。
    • 書き込みウインドウ:AppleScript 経由で set (selected) text した場合、未保存状態になります。
      何が大事かというと、未保存状態になっているということは保存が出来るということです。これまではテキストを挿入しても未保存状態にならず、しかも実際には挿入されたテキストは保存されませんでした。
    • 書き込みウインドウのツールバーに(再び)フォントボタンを配置できるようにした。
    • 書き込み確認や書き込みエラーを表示する際、2ch からの確認メッセージが長い場合でも、スクロール・ビューを使って全文を表示するようにした(これまでは先頭10行のみ表示し、後はちょんぎっていました)。
    • [Leopard] 書き込みウインドウ・新規スレッド作成ウインドウのツールバーにある「テンプレートを挿入」ボタンの外観を Leopard にふさわしいものに変更。
    • 書き込みウインドウ(および新規スレッド作成ウインドウ)でも「掲示板」>「掲示板を Web ブラウザで開く」が使用できるようにした。
  • 掲示板の追加と削除、掲示板オプション
    • 「掲示板オプション」パネルのインタフェースを改良。
    • 掲示板の追加や削除時のインタフェースを少し改善し、不正な入力にはリアルタイムで警告を表示するようにした。
      今のところ最低限のチェックしかしていません。警告が出ているときは「OK」ボタンを押すことはできません。

小さな改良

  • メニューバーの一部項目の表記を修正
    • 新規ブラウザ→新規ブラウザウインドウ
    • 欄→表示項目
  • 逆参照ポップアップの制限を緩和して、対象のレスより前にあるレスからも探すようにした。
  • 「編集」>「検索」>「検索…」は、スレッドを表示していないときは選択できないようにした。
  • 掲示板リストの背景色(ウインドウがメインウインドウでないとき)を AppleScript から変更できるようにした。
    • browserBoardListNonActiveColor プロパティが追加されました。既にある browserBoardListColor プロパティと使い方は同じです。
  • データベースの改良により、「お気に入り」の表示速度を含む、スレッド一覧周りの動作速度が向上。
  • 透明あぼーん時の poof アニメーションの発生位置、および煙の大きさの変更。
  • スレッドを開いたとき、最後に読んだレスの位置までスクロールする際の信頼性の向上。
  • スレッドの内容を取得、読み込み、表示する際の信頼性の向上。
    • この影響で、ナビゲーションバー(進行状況)の表示更新頻度、および、画面全体の再描画タイミングが今までとわずかに異なるように感じる場合がありますが、異常ではありません。
  • ロックされたポップアップをクローズボタンをクリックして閉じた時は、煙のアニメーションを表示しないようにした。
    ほかの方法で閉じた時は、今まで通り煙のアニメーションが表示されます。

不具合の修正

  • [Long Issue] 既に開いているスレッドが別のウインドウで新しく開かれてしまう場合があり、複数のウインドウ間でスレッドの内容に齟齬が発生することによって、レス番号が詰まってずれる問題が発生する問題を回避するため、既に開いているスレッドが別のウインドウで新しく開くことが無いように修正。
    • この問題は以前にも対策を施していましたが、不十分な点が見つかり、今回該当部分のソースコードを書き直しました。
  • [Long Issue] 3ペインでスレッドを削除した時、スレッドの情報の一部がゾンビのようにブラウザウインドウに残ってしまう問題を修正。
  • [Long Issue] 「掲示板オプション」パネルから「SETTING.TXT を解析」ボタンを押して解析しようとし、かつオフラインモードの場合、不適切な確認ダイアログが表示されていた問題を修正。
  • [Long Issue] SETTING.TXT をスレッド読み込み時に解析した際、「掲示板オプション」パネルの表示にすぐに反映されないことがあった問題を修正。また、同じ名無しさんを重複して追加することはしないようにした。
  • [1.6] 3ペインで使用している場合、特定の状況で誤ったスレッドに「dat 落ち」の印が付く問題を修正。
  • [1.6] option キーを押しながらリンクをクリックしても option キーが無視されるようになっていた問題を修正。
  • [1.6] 不要になったデバッグ用ログのコンソールへの出力機能が残ったままだった問題を修正。
  • [1.6] 不要になったリソースがアプリケーションパッケージに残ったままだった問題を修正。
  • [1.6] 掲示板リストの URL の書き換えに関するいくつかの深刻な問題を修正。

プレビューインスペクタ

  • [New] フルスクリーン表示時の背景色を設定可能にした。
  • [Change] 今まで 「0×0 ピクセル」のイメージが表示されていたケースを、ダウンロードの失敗と同様に取り扱うように変更。
  • [Change] 今まで「(エラー:-1001)」などと表示されていたケースを、「タイムアウト」などと分かりやすく表記するように変更。
  • [Change] コンテクストメニューおよびアクションメニューの「イメージを別名で保存…」を独立した項目に変更(今までは option キーを押すことで「イメージを保存」の替わりに利用できた)。

その他

  • 新着レスの位置を示す画像(lastUpdatedHeader.png)が新しくなりました。
  • [1.1.3] 二年ほど前に一時的に対応していた、特殊な日付表記(「皇紀xxxx年」とか「エロゲ暦xx年」など)と、VIP などでの 100分の一秒単位の秒数について、対応を見直した。
    1.1.3 以降、こうした特殊な日付表記は、「日付としてのデータ」と「文字列としての表現」の両方をログファイルに読み書きしてきましたが、このうち「日付としてのデータ」に付随するデータとして保持してきた「エロゲ暦」などの接頭辞(元号?)文字列と、1/100 秒単位の数値としてのデータ(これは100倍されて整数値としてログに読み書きされていました)について、ログファイルへの読み書きを終了することにしました。
    コアの日付データ(2008-02-20 12:34:56Z などの NSDate)、および、日付の文字列表現(ここには「エロゲ暦」や「.34」などの 1/100 秒単位の時間文字列も含まれます)は今までと変わりなくフルに読み書きされます。ほとんどのユーザは、この変更によって何ら不利益を感じることはありません。また、BathyScaphe のスレッドの表示内容にも何の変更もありません。

Article ID: 210
カテゴリ: Tech Info Library

Last Modified: