BathyScaphe

BathyScapheWiki

til214

BathyScaphe 1.7 Prima Aspalas:変更点のリスト

この記事では、BathyScaphe 1.7 における変更点のリストを提供します。

目次

重要な新機能と変更点

  • [new] 「スレッドを更新」および「ログを削除」した後、スレッド一覧をすぐにソートするかどうかを、設定で選べるようになりました。
    • 「一般」環境設定の「スレッドの更新/削除後すぐにソートする」チェックボックスを使ってこの設定を変更します。
    • デフォルトでは、「すぐにソートする」は有効になっています(今までの BathyScaphe と同じ動作です)。
注意:スマート掲示板では、この設定を無効にしても、すぐにソートされます。現在の BathyScaphe の内部構造上、すぐにソートしなければスマート掲示板の正確な表示を保証できないためです。これは現在の仕様です。
また、「ログ一覧」モードで表示中に、「すでにデータベースに情報が存在するが、ログファイルの無いスレッド」を開いて更新した場合にも、設定に関係なく、すぐにソートされます。技術的な理由ですぐにソートしなければ正しい表示を行うことが困難なためです。これも現在の仕様です。
  • [new] 「スレッド」メニューに「再取得…」が追加されました。
    • [mod] 「ログを削除…」アラート上の「削除して再取得」ボタンは廃止されました。かわりに、「スレッド」メニューの「再取得…」を使います。
    • [mod] スレッドを「再取得」する際に、古いログファイルがゴミ箱に入れられることは無くなりました。
    • オフラインモードのときでも「再取得」が実行できるようになりました。
    • 「お気に入り」に入れたスレッドを「再取得」しても、「お気に入り」から削除されなくなりました。
    • スレッドに付けた印(AA スレッド、フラグ付きなど)は「再取得」後も維持されるようになりました。ただし、レスに付けた属性は今まで通りリセットされます。
    • 「dat 落ち」印が付いているスレッドは、環境設定で「必要なときに自動的に●ログインする」が有効になっているときのみ、「再取得」が可能になりました。
  • [mod] サーバ移転後の、旧サーバを指す URL の取り扱いを大幅に改良しました。
    • 旧サーバを指す URL リンクをクリックしたり、「URL を開く…」ダイアログで入力した場合でも、現行サーバの URL に自動的に変換し、開きます。
    • 旧サーバの過去ログを●で取得できます。旧サーバを指す URL でスレッドを開こうとしたとき、BathyScaphe はまず現行サーバで(生きている)dat を探します。dat が見つからなければまず「現行サーバ上で」●による取得を試みます。それでも見つからなければ、「旧サーバ上で」●による取得を試みます。
  • [mod] ブラウザウインドウに関する設定項目を整理しました。
    • [new] 「表示」>「レイアウト」サブメニューが新設されました。ここには以下の項目があり、現在の状態にチェックマークが付きます。
      • 「2 ペイン」(Command-1)
      • 「3 ペイン(上下に配置)」(Command-2)
      • 「3 ペイン(左右に配置)」(Command-3)
    • [new] ブラウザウインドウに「表示」>「レイアウト」サブメニューと同じ働きをするツールバー項目を追加できます。ツールバー項目を追加するには、「表示」>「ツールバーをカスタマイズ…」と選択します。
    • [mod] 3 ペイン(左右)と(上下)の切り替えは、最前面のブラウザウインドウにのみ適用されるようになりました。
    • [mod] 「一般」環境設定の「ブラウザの配置:垂直方向に/水平方向に」設定項目は廃止されました。
    • [mod] 「表示」>「ブラウザを垂直(水平)方向に分割」または「分割表示を閉じる」メニュー項目は廃止されました。
  • [mod] 「掲示板」および「ファイル」メニューの一部項目を整理しました。
    • 「ファイル」>「新規スレッド…」は「掲示板」メニューに移動し、「新規スレッドを作成…」に表記を変更しました。
    • 「ローカルルールを表示」「掲示板オプションを表示」および「掲示板を Web ブラウザで開く」は、掲示板リストのコンテクストメニュー、およびアクションボタンのメニューからも実行可能になりました。

AppleScript サポートの強化

BathyScaphe 1.7 では、AppleScript 用語辞書に新しい用語がいくつか追加されたほか、既存の用語も一部変更が行われています。既存のスクリプトのうち、browser クラスのプロパティにアクセスするものは一部書き換えが必要な場合があります。

    • reply document クラスに以下のプロパティを追加しました。
      • name field:名前欄の内容を読み書きできます。
      • mail field:メール欄の内容を読み書きできます。
      • thread name:書き込み先のスレッドタイトル(読み取り専用)。
      • thread URL:書き込み先のスレッド URL(読み取り専用)。
      • board name:書き込み先の掲示板名(読み取り専用)。
      • board URL:書き込み先の掲示板名(読み取り専用)。
    • 3ペイン状態のブラウザウインドウに表示されているスレッドからも、別ウインドウで開いたスレッドと同様に各種プロパティが取得できるようにしました。
    • 3ペイン状態の browser から、表示しているスレッドの所属する掲示板に関する情報を board name, board URL の各プロパティを用いて取得できるようになりました。
    • これまで、browser で board name, board URL の各プロパティは「スレッド一覧の掲示板名、URL」を返していましたが、上記変更に伴い「表示しているスレッドの所属する掲示板の名前、URL」を返すようになりました。「スレッド一覧の掲示板名、URL」は、新しく用意された threads list board name, threads list board URL プロパティを使用してください。この変更のため、既存のスクリプトは修正が必要な場合があります。
    • ブラウザが3ペイン状態かどうかをスクリプトから判別できるよう、 threePane プロパティを browser クラスに追加しました。
    • title→thread title、URL→thread URL のように一部プロパティ名が変更されましたが、既存のコンパイル済みスクリプトについては自動的に修正されるのでとくにスクリプトを書き直す必要はありません。
    • 3ペイン状態だが何もスレッドを表示していない、または、2ペイン表示状態の場合、browser に対して thread title, thread URL, thread attributes などのプロパティを取得しようとした場合、BathyScaphe は空の文字列、または空のレコードを返すようになりました。

その他の新機能

  • [new] スレッド一覧の検索機能が強化されました。詳しくは スレッド一覧の検索 を参照してください。
  • [new][Snow Leopard] スレッドの内容表示領域で、マルチタッチトラックパッドの操作をサポートしました。
    • ピンチイン/アウト操作を行うと、文字の縮小/拡大が実行されます。
    • 三本指で左右にスワイプ操作を行うと、前/次のスレッドに移動します。
参考:Magic Mouse では、二本指で左右にスワイプ操作を行うと、前/次のスレッドに移動します。
  • [new] iTunes Store へのリンクを直接 iTunes で開く機能を追加しました。
    • http://itunes.apple.com/... で始まるリンクをクリックすると、Web ブラウザを経由せず iTunes で直接開きます。
    • 注意:アップルは iTunes Store へのリンクについて、詳細な仕様を公開していません。突然リンクの形式が変更されるなどの理由で、この機能が動作しなくなる可能性もあります。
    • この機能が不要な場合は、「リンク」環境設定でオフにしてください。

その他の変更点

  • [mod] 「リンク先のファイルをダウンロード」機能で、リンク先から返された MIME タイプが text/html または application/xml+xhtml だった場合は、ダウンロードを中止して Web ブラウザでリンク先を開くようにしました。
  • [mod] BathyScaphe 1.6.4 では、書き込み時にエンコードできなかった文字に「赤色の下線」を引いてユーザに知らせていましたが、見づらい場合が多いため、「選択状態」にするようにしました。
  • [mod] ツールバーの「スレッド/ログ一覧」項目が、「スマート掲示板」では常に「スレッド」側に切り替わるように、「お気に入り」では常に「ログ一覧」側に切り替わるようになりました。単なる表示上の変更で、機能の変更はありません。
  • [mod] 3ペインで、スレッドを表示後別の掲示板のスレッド一覧に切り替え、その後もとのスレッド一覧に切り替えたとき、表示中のスレッドを一覧で再選択しつつ、選択行の位置まで自動的にスクロールはしないようにしました。
  • [mod] スレッドを更新しようとしたとき、2ちゃんねるのバーボン/ボボン規制を受けている可能性がある場合はその旨をユーザに知らせるようにしました。
  • [mod][Leopard 以降] Leopard 以降では、ログファイルの削除に Finder を利用しないようになりました。
注意:ログファイルは今まで通り「ゴミ箱」に移動します。
  • [mod] 「詳細」環境設定の「警告を表示:ログファイルを削除するとき」チェックボックスは「ログファイルを削除する前に警告を表示する」に表記を変更しました。
  • [mod] ソフトウェア・アップデート機能で、アップデートを促すアラートの選択肢に「アップデートしない」を追加し、「環境設定を変更…」を取り除きました。
  • [mod] 「履歴」メニューの項目名の長さを一律350ピクセル以内に切り詰める処理を廃止しました。
  • [mod] 「勢い」を視覚的に(棒グラフで)表示するか、数値で表示するかを「表示」環境設定の「ブラウザ」タブから設定できるようにしました(今までは隠し設定でした)。
  • [mod] ログファイルをバイナリ形式で保存するかどうかを「詳細」環境設定から設定できるようにしました(今までは隠し設定でした)。

プレビューインスペクタの変更点

BathyScaphe 1.7 に付属するプレビューインスペクタでは、以下の改良が行われました:

  • [Snow Leopard] Mac OS X v10.6 Snow Leopard では、プレビューインスペクタの外観が Snow Leopard によりマッチするものになりました。
  • [Leopard 以降] イメージ・ビュー上で左右にスワイプして前/次のイメージに移動できるようになりました。
  • PDF ファイルをプレビューする際の動作を改善しました。
  • リンク先が MIME タイプ text/html または application/xml+xhtml のデータを返した場合、プレビューを中止して Web ブラウザでリンク先を開くようにしました。
  • 「n 個のリンクをプレビュー」した際は、その先頭のリンクに対応する項目を選択(表示)状態にするようにしました(これまでは最後のリンクに対応する項目が選択(表示)されていました)。

修正された不具合

  • [fix][long issue] 掲示板リストの項目を追加/削除したり、ドラッグ&ドロップした後、誤った項目が選択状態になる問題を修正しました。
  • [fix][long issue] 「掲示板オプションを表示」「ローカルルールを表示」および「掲示板を Web ブラウザで開く」の各メニュー項目で、誤った掲示板が操作対象になることがあった問題を修正しました。
  • [fix][long issue] 「環境設定」>「詳細」>「ID をクリックしてポップアップ:」の設定が「すぐに」になっている場合の問題を修正しました。
  • [fix][???]「掲示板オプションを隠す」メニュー項目が正しく動作しないことがあった問題を修正しました。
  • [fix][???] まだデータベースに登録されていないスレッドを(リンクのクリックやサービスメニュー経由で)取得したり、そのようなスレッドのログファイルを Finder 上から開いたりした場合に、データベースに正しく情報が登録されない問題を修正しました。これによって、関連する様々な問題(「お気に入り」に登録できない、スマート掲示板に表示されないなど)が解消します。
  • [fix][???] 「お気に入りに追加」の仕様を「未取得のスレッドは『お気に入り』に追加できない」=「ログのあるスレッドのみ『お気に入り』に追加できる」に確定させ、この仕様に沿っていない挙動を修正しました。
  • [fix][???] スレッド本文中に貼られている「まちBBS」のスレッドへのリンクが、read.pl でも read.cgi でも認識できるように修正しました。
  • [fix][???] Mac OS X v10.6.2 で、スレッドを別ウインドウで開いて削除しようとするとクラッシュすることがある問題を修正しました。
  • [fix][1.6.3] したらば掲示板で、「〜」や「−」など一部の文字が書き込みできない問題を修正しました。
  • [fix][1.6.4] 条件によってはスレッド一覧が空白になる可能性があった問題を修正しました。

Article ID: 214
カテゴリ: Tech Info Library

Last Modified: