BathyScaphe

BathyScapheWiki

til504

BathyScaphe 1.5 or later:データをネットワークで共有できない場合があります

オブソリート記事:この記事は古い内容で、長い間更新されていません。現在の BathyScaphe や OS X には内容が適用されない可能性があります。

SQLite データベースの制限により、ネットワーク越しに BathyScaphe 1.5 以降のログや設定を共有することができない場合があります。

症状

$HOME/Library/Application Support/BathyScaphe フォルダの実体を iDisk またはパーソナルファイル共有などを使ってネットワーク上に置いていると、バージョン 1.5 以降の BathyScaphe は正しく動作できないことがあります。おそらく、BathyScaphe 1.3.1 以前では動作していたでしょう。

また、このときコンソールに次のようなメッセージが大量に表示されるかもしれません:

Fail Database operation. Reson: database is locked

対象となるソフトウェア

  • BathyScaphe 1.5 以降

原因と対策

この問題は、BathyScaphe 1.5 以降の内部で使用されている SQLite データベースライブラリが要求するファイルシステムの仕様を、一部のネットワークファイルシステム(iDisk で用いられる WebDAV や、Mac OS X のパーソナルファイル共有で用いられるファイルシステムを含みます)が実装していないために起こります。

多くのネットワークファイルシステムが、SQLite に必要な POSIX アドバイザリ・ロックを実装していないか、していてもバギーであり、そのような条件下では、SQLite は動作できません。このため、SQLite を内部で利用している BathyScaphe も動作できなくなります。

BathyScaphe 1.6 以降 では、SQLite の Mac OS X 向け対策コードを有効にすることで、この問題をいくらか解決しました。BathyScaphe 1.6 以降にアップデートすると、動作できる可能性は若干高くなります(Mac OS X v10.4.x のパーソナルファイル共有を使用した場合には正しく動作するとの報告がありました。しかし、Mac OS X v10.5 Leopard では、ダメだったという情報もあります)。

BathyScaphe 1.6.2 では、SQLite のバージョンアップにより、動作できる可能性がまた少し増しましたが、今のところ情報があまり寄せられていないため、正確な所は不明です。

ここまでの内容をまとめた、以下の表を参照してください:

til504_090513.png

代替手段

Mac OS X v10.5 Leopard の「画面共有」機能などを使い、ほかの Mac にインストールした BathyScaphe をリモート画面越しに操作します。この方法では、設定ファイルやログフォルダをネットワーク上に置かなくても済み、また複数の Mac 同士で BathyScaphe の設定やログがバラバラになることもありません。

(上記のアイデアは 2ch の BathyScaphe スレッドへの書き込みによるものです。)

BathyScaphe 開発チームは引き続き、この問題の解決策や対処法を探し、研究しています。

この記事は、今後新しい情報が入り次第更新される予定です。

Article ID: 504
カテゴリ: Tech Info Library

Last Modified: